これだけは知っておきたい!子供の命名のコツ

個性的すぎないか確認しよう!

子供の名前の候補がかたまってきたらもう一度、客観的に名前を眺めてみましょう。個性的に、と思うあまり、社会生活で不都合の起きやすい名前になっているかもしれませんよ。名前に使える漢字であれば、読み方に制限はありません。「山」を「うみ」と読ませることも法律上は可能ですが、普通は読んでもらえませんよね。全部が画数の多い漢字や、難しい旧字は、書くのも人に説明するのも大変ですよ。当て字の場合も、意味が悪い漢字は避け、ある程度、意味をふまえてセンスよく組み合わせるようにしましょう。

自由な発想でアレンジを!

男の子かな、女の子かな、パパとママのどっち似かしら、ピアノを買ってあげよう、スポーツ好きになりますようになど、数えきれない願いや計画のうち、子供に最優先で準備したいのが「名前」ですよね。最近は、「けんと」や「めい」のような、海外でも通じる名前が増えていますね。逆に、「和」の雰囲気が漂うような名前も、根強い人気なんですよ。何もアイディアがないときも、アレンジテクニックは有効ですよ。人気の名前や、好きな有名人の名前から発展させるうちに、わが家の赤ちゃんにピッタリの名前と出会うかもしれませんね。

姓と合わせてバランスをみよう!

子供の命名で忘れずに注意したいのが、姓とのバランスですね。決まったと思っても、姓と組み合わせると、しっくりこない場合があるものですよ。名前はフルネームで完成品ですから、自分の姓の特徴を頭に置いてすすめましょう。名前の決定前には、紙に書いて確認することがおススメですよ。また、フルネームは声に出して音をチェックするといいですね。姓と続けると呼びにくいこともあるので注意しましょう。例えば、「原真紀(=腹巻き)」のように、続けて読んでみると、名前としては変な意味になることもありますよ。

命名とは、この世の全ての物体や生物などに、人間が分かりやすくそれぞれを区別するために名前をつけることです。